Sunday, December 22, 2019

Z5proGTに公式ZUI中華ロムを焼く方法

xdaにあった解説記事ほぼそのままですがEDLの入れ方が難しかったのでその部分だけ変えました。

※注意

この操作を行うと端末内の全データが消えます。バックアップなどを取っておきましょう。

必要な物

QPSTのインストールをします。











インストールが完了するとQFILというプログラムが現れるので起動します。




Load Contentというボタンをクリックし解凍したZUIロムのディレクトリ内にあるcontentsというxmlファイルを選びます。


この段階ではDownload Contentというボタンはグレーアウトしてて押せないと思います。この状態で端末とパソコンを接続しEDLモードに入れます。adb reboot edlがおすすめです。EDLモードに入ったらDownload Contentのボタンが点くので素早く押します。タイミングを逃すとSahara Errorと表示されます。その場合は一度電源を切り再びEDLモードに入り直す必要があります。



以上で完成です!

Z5proGTにTWRPを焼く方法

xdaの解説記事だけでは少しネックな所があったので纏めてみました。

必要な物

STEP1: fastbootモードで焼く

まず端末をfastbootモードに入れます。そしてコマンドプロンプトで
fastboot flash recovery recovery-TWRP-3.3.1-1004-LENOVO_Z5PRO_GT-CN-wzsx150.img
と入力します。
焼く方法は以上になりますが、厄介なことにこの状態でZUIシステムを起動すると標準のリカバリがtwrpを上書きしてしまいます。ZUIシステムを起動してもtwrpを持続させるにはmagiskを焼く必要があります。なのでtwrpを焼いた後ZUIシステムを起動せずに直接twrpを起動してmagiskを焼く必要があります。

STEP2: Recoveryモードで起動しmagiskを焼く

fastbootモードから直接Recoveryモードを起動します。twrpが起動したらダウンロードしておいたmagiskを端末に送り、焼きます。
adb push Magisk-v20.1(20100).zip /sdcard/Download/
ファイルの転送が出来たらInstallメニューからmagiskのzipを選択して焼きます。
あとはrebootして完成です。xdaにあったtwrp3.3.0は自分の端末では起動しませんでした。情報求む...

Androidを【recovery/fastboot/EDL】モードに入れる方法

電源オフ状態から

recoveryモード

  • 音量アップボタンを長押ししながら電源を付ける

fastbootモード

  • 音量ダウンボタンを長押ししながら電源を付ける

EDLモード

  • 音量アップ&ダウンボタンを押しながらケーブルでパソコンに接続する

Recoveryモードから

recoveryモード

  • adb reboot recovery
  • rebootメニューからRecoveryを選択

fastbootモード

  • adb reboot bootloader
  • rebootメニューからBootloaderを選択

EDLモード

  • adb reboot edl
  • rebootメニューからEDLを選択

Fastbootモードから

recoveryモード

  • fastbootのメニューからrecoveryを選択
  • fastboot reboot recovery
  • fastboot reboot-recovery
  • fastboot oem recovery
  • fastboot oem reboot-recovery

fastbootモード

  • fastbootのメニューからfastbootを選択
  • fastboot reboot bootloader
  • fastboot reboot-bootloader
  • fastboot oem bootloader
  • fastboot oem reboot-bootloader

EDLモード

  • fastboot reboot edl
  • fastboot reboot-edl
  • fastboot oem edl

EDLモードから

EDLモードからは電源を一旦消すしかない


※注意
上記のコマンドは端末依存・環境依存であり、特にEDLモードは存在しない端末もある。上記のfastbootコマンドは本来の仕様外のコマンドであり動作しないのが普通であるがネット上で良く動作報告があるので書いておいた。

LENOVO Z5 PRO GTのブートローダロック方法

アンロック方法ではなくロック方法です。

LenovoZ5proGTはAliexpressで買われる方が殆どだと思います。Aliexpressでこの端末を売っている業者さんはブートローダがアンロックされた状態で発送しているので届いた時点でブートローダがアンロックされていたという方が殆どかと思います。
しかしアンロックされていることのデメリットもあります。ZUIの公式ROMをQFILで焼いた後、OTAアップデートができないのです。
Your system has been root, we are unable to provide the latest version of the system
という謎の英文が出てきます。(いやroot化してないしhas been rootって英語おかしくないか...)
magiskを焼くとOTAが出来そうになるのだが途中でfailedと出てしまうためやはりブートローダが解除された状態のままアプデするのは不可能だと思われる。(情報求む)

ブートローダをロックすると問題なくOTAアップデートができるのである。

fastbootモードでブートローダロック

ブートローダをロックするにはまず端末をfastbootモードに入れます。
そしてコマンドプロンプトで
fastboot flashing lock
と入力します。fastbootモードに再起動してDEVICE STATEの所がlockedになっていれば成功です。

「请输入正确的IMEI1」と表示されてしまう時の対処法

LenovoのスマホをBLUするのに必要なイメージファイルを申請するサイトでのお話です。

IMEIアドレスを正しく入力しているのに「请输入正确的IMEI1」と赤く表示されてしまう時の対処法

IMEIアドレスに該当するslotにsimを挿し、その状態でネットに繋ぎます。その状態で数時間待ちます。(筆者は6時間ほど待ちました)

すると「请输入正确的IMEI1」が表示されなくなり、申請ボタンが押せるようになります。

LENOVO Z5 PRO GTのブートローダアンロック方法

今更ですがxdaにあった解説記事は少し情報が古く今では出来ない部分があったのでまとめてみました。

ブートローダロックとは


ブートローダがロックされていると、カスタムロムやカスタムリカバリーの起動や焼く操作が無効化され失敗してしまいます。メーカーは端末出荷時にブートローダをロックすることをgoogleより義務付けられています。このロックは殆どの端末で解除することが可能となっています。

※注意

ブートローダのアンロックを行うと端末内の全データが消えます。バックアップなどを取っておきましょう。

必要な物

  • パソコン
  • USBドライバ
  • adb/fastboot
  • 後述のアンロック用イメージファイル

STEP1: 端末設定からoem unlockingをオンにする

・開発者オプションを出現させる
  設定 → 端末情報 → ZUIバージョン を7回以上連打します。
・開発者オプションからoem unlockingをオンにする
  設定 → その他の設定(詳細設定) → 開発者オプション よりoem unlockingのトグルボタンをチェックします。


STEP2: アンロック用イメージファイルを取得する


ZUI公式サイトからシリアルナンバー毎に署名をもらわないといけないので以下のページから申請をします。
https://www.zui.com/iunlock

上から順にIMEIアドレス(Slot1の)、SerialNumber(fastbootモードで表示される物)、メールアドレス、確認番号 を入力して「提交申请」をクリックします。
请输入正确的IMEI1 と赤く表示される場合はこちら を参考に

うまく行くと数分ほどでメールにイメージファイルのリンクが届きます。届かない場合はアドレスを変えながら何度か試してみてください。上手く行ったのにメールが届かない場合は
http://cdn.zui.lenovomm.com/developer/lenovoboot/端末のSerialNumber/sn.img
にアクセスしてみてください。イメージファイルの準備は出来てるかもしれないです。

STEP3: fastbootモードでアンロックを実行する

端末をfastbootモードに入れてパソコンにつなぎます。
コマンドプロンプトを開き
fastboot flash unlock sn.img 
と入力します。以下のように出力されれば成功です。
sending 'unlock' (0 KB)...
OKAY [ 0.004s]
writing 'unlock'...
OKAY [ 0.019s]

続けて
fastboot oem unlock-go
と入力します。
OKAY [ 0.019s]
これでブートローダはアンロックされます。

Sunday, December 8, 2019

Lenovo Z5 Pro GTが届いた


レビューというよりは備忘録

先日の独身の日にLenovo Z5 Pro GTをAliexpressでポチリました。8GB/256GBモデルで26,000円程。ちなみにブラックフライデーには24,000円にまで落ちていた。安い...

届いた箱(ウォーターマーク消し忘れすいません)
縦18.5cm横20cmの正方形に近い高級感のある箱に包装されていました。
左側にsimピン・説明書・保証書・保護フィルム・typea-typecケーブル・充電器、右側に本体が入っている。本体にはノングレアなフィルムが貼られていた。
とりあえず起動してみよう。。。

ブートローダーがアンロックされているというブートロゴ。まさかショップROMが...?

 fastbootモードで起動するとやはりアンロック済みと出る

リカバリは標準の物(?)でTWRPではなかった。

とりあえずショップROMのままAntutuベンチをしてみる...
フォーラム等でも話題になっていたがやはりスナドラ855にしてはスコア低め...

原因を特定するべくperfMonを入れてみるもPieなのでroot権限なしでは動いてくれない...
ということでTWRPを焼くことにしたのだが焼いても焼いても標準のリカバリが起動してしまうのだ。ちょうどこの投稿と同じ現象で他にも同じ現象に悩まされてる人がいるようである。いったん公式の中華ロムを焼くと治るという書き込みがあったのでQFILで公式中華ロムを焼いた。
公式ZUI10の初期設定画面

気を取り直してTWRPを焼き直しいざ起動... するもまた標準のリカバリが起動してしまう...
xdaにあったver3.3.0を使っていたのだが、試しに4PDAにあったver3.3.1を焼いてみる...


ktkr!!
よく分からないけど起動した。。。ひとまずTWRPが入ったのでシステムを起動してアプリとか触ってみよう。Antutuとか


ショップROMの時よりスコアが大きく上がっている。
その後やっぱりmagiskを入れようと思いリカバリを起動したのだが...
え、、これもうわかんねーな
その後格闘すること半日、以下の事が分かった。


  • xdaのTWRP-3.3.0は使えない(後述の理由により特定に手間取った)
  • 4PDAにあったTWRP-3.3.1は問題なく使える
  • 一度システムを起動するとリカバリ領域が標準の物で上書きされる
  • magiskを焼くとシステムを起動してもリカバリが書き換えられなくなる
  • magiskを焼かないとOTAアップデートができない(オマカンの可能性大)
  • TWRPが入ってる状態でOTAアップデートしようとすると失敗する
以上の理由から自分はZUI11にOTAアップデートするために、
  1. QFILでZUI10.5を焼き
  2. TWRP3.3.1を焼き、システムを起動せずリカバリ起動
  3. TWRPでmagiskを焼き、fastbootモードで起動
  4. ZUI10.5のzipからrecovery.imgを抽出しfastboot flash
  5. システムを起動しアップデータでOTAアップデート
を試み、うまく「magiskは入ってるがTWRPは入ってない」という状況を作り出し、アップデートも途中までうまく行っていたように見えたのだが途中でプログレスバーが止まり「failed」の文字が表示されてシステムに再起動してしまう。
なのであきらめた。

ちなみにmagisk焼いてもperfMonがroot権限を求めてこないのでcpuの情報は得られなかった。。。RedmiK20pro上ではperfMon確かに動いてたのに。。。

とりあえず今回分かったことは別の記事に纏めてみます。レビューも別記事で。

Bloggerに引っ越してきました

以前使っていたhostingerのレンタルサーバーが消されてしまったのでこれを機にBloggerに引っ越してきました。
主にガジェットに関することやパソコンに関することなどを投稿していくとおもいます。
以前レンタルサーバーに置いていた物もバックアップを見つけ次第あげていきたいです。

よろしくお願いします。